141213-14 富山旅行 その2(富山駅周辺)

電鉄富山駅

DSC_6303
中滑川に「ほたるいか」、新魚津に「しんきろう」と書いてありますが、ぱっと見意味がわかりませんでした。
DSC_6305
北陸新幹線の黒部宇奈月温泉駅の開業に合わせて、富山地方鉄道にも新黒部駅が設置されることから、これらの案内板も更新されると思われます。かなり年季の入った案内板です。
DSC_6310
10年程前とあまり変わっていませんでした。

JR富山駅

DSC_6314
富山ライトレールと市内線をつなぐ線路の工事です。先行して市内線の線路として使用するようです。
ライトレールと市内線が直通した後の運賃形態はどうなるのでしょうか。2社分が合算されるのか、それとも通しで200円となるのか、乗り継ぎ割引が適用されるのか、まだ検討中のようですね。
DSC_6315
駅舎の中を路面電車がくぐる構造は日本では珍しいですね。降雪時のことを考えると大変便利だと思います。
DSC_6316
DSC_6317
DSC_6318
10年程前に来た時の駅舎の雰囲気とは全然違います。当然ですが、少し悲しくもあります。
DSC_6354
DSC_6355
DSC_6356
富山駅に683系が停車するのもあと僅かです。
DSC_6357
「あいの風」って何なんだろう?

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense