HTC Ariaの思い出

IMG_20141223_222414
部屋の掃除をしていたら、こんなモノが出てきました。HTC Ariaの台湾版です。

softbankがHTC Desireを販売していた頃、2010年9月に台湾で購入しました。4万円強だったと思います。その年の年末にe-mobileが発売しましたが、あまり売れている印象はありませんでしたね(笑)
2011年6月に落下させて液晶を破損させるまで、日本ではWifi運用をしていました。rootを取ってカスタムromを入れたりしたことは良い思い出です。

2011年6月に駅のホームで落下させ、液晶は粉々になってしまいました。
中国から液晶パネルを取り寄せ交換してみましたが、上手く修理できず液晶の調子は悪いままでした。

その後、docomoが有料ながらSIMロックを解除してくれるようになったとのことで、2011年8月にSC-02C(GalaxyS2)を購入し、SIMロックを解除し使用するようになり、使われずにホコリをかぶっていたようです。

今となっては物珍しいほど小型な印象がありますし、光学式ポインターが付いているのは面白い機能です。しかし、液晶も3.2インチかつ480×320と寂しいものですし、もちろんLTEは非対応ですので最近の機種に比べると見劣りしますね。

4年間でスマホが大幅に進歩したことを再認識させられましたが、取っておいても使えないですし買取もしてもらえないでしょうから、廃棄しようかと思っています。

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense