150711 東横線の跡を巡る(渋谷〜代官山)

渋谷駅東口

DSC_0092
DSC_0094
DSC_0105
DSC_0108
東急東横店東館の解体に加えて渋谷川の移設も行っているようで、地上も地下も大工事が続いています。
東横線が地上駅を発着していた頃のイメージが未だ強く残っています。

渋谷〜代官山

DSC_0110
DSC_0111
DSC_0112
DSC_0113
DSC_0115
DSC_0117
DSC_0120
DSC_0121
渋谷川沿いを歩いても高架橋はほとんど解体済でした。一部残っているのは並木橋駅跡周辺です。都心部だとあっと言う間に痕跡が消えてしまいます。

DSC_0123

DSC_0124
DSC_0125
DSC_0126
DSC_0127
DSC_0128
山手線を越えた向こう側は線路跡の気配もなく、商業施設になっていました。この街の地上には東横線が走っていたというストーリーを残した商業施設なら良いのですが、まあ儲かればいいんですよね。どちらかと言えば、東京の山手はその土地のストーリーや文化をやたら大切にする傾向があると思ったのですが、ここまで無関係すぎるとちょっと寂しく感じました。
DSC_0129
踏切跡もご覧の通り、昔から単なる坂道であったかのよう。
DSC_0131
DSC_0132
DSC_0137
駅にはホームドアもついて単なる地下鉄のようです。

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense