150912_東武日光線を撮影(新鹿沼行き・安塚行き)

9月9日〜10日の豪雨の影響で、日光線・鬼怒川線及び宇都宮線では土砂流出、土砂流入、橋梁流出等の被害が生じました。
それに伴い、9月12日の段階では東武動物公園〜新鹿沼・下今市〜東武日光と新栃木〜安塚・西川田〜東武宇都宮での運転が行われていました。また、日光線の特急は全て運転を見合わせていました。

新栃木駅の様子

DSC_0779
快速|新鹿沼ゆき・安塚ゆきは通常時見られません。

日光線関係

DSC_0767
33レの区間快速|新鹿沼ゆきです。普通|新鹿沼は幕がありますが、快速及び区間快速は幕が準備されていないので白幕での運転となっています。側面幕を白幕にしつつ前面幕のみ表示することも可能かとは思ったのですが、どちらも白幕となっていました。
DSC_0789
37レは快速|新鹿沼ゆきです。こちらも白幕での運転です。
DSC_0780
南栗橋〜新栃木の普通は通常通りの運転でした。

その後、18日の午後に新鹿沼〜下今市と下今市〜新藤原で運転が再開されました。
運転再開されたものの、当初計画さレていた臨時特急や臨時快速は運転が取り止められたようです。運休になる等の影響が出たためか客足が伸び悩んでいるようで、各駅では日光・鬼怒川の観光案内が行われています。

宇都宮線関係

DSC_0785
新栃木〜安塚間での折り返し列車です。行先表示ができないため、矢印表記の行先表示を掲出しています。
DSC_0788
拡大

こちらは復旧にはだいぶ時間がかかるとのことです。一刻も早く復旧できると良いですね。

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense