150912-17_北海道・北東北旅行 その1

お盆に取得できなかった夏休みを9月に移動させて12連休にしてしまったので、北日本をちょこっと周遊して来ました。

初日 東京→札幌

P_20150912_152857_HDR
まずは羽田→新千歳です。クラスJにしました。睡眠不足だった上にサクララウンジで飲みすぎてしまい、90%くらい寝ていました。お茶すらいただけず。
P_20150912_181937
快速エアポートのuシートで札幌に移動しました。本当はカムイ/エアポートに乗りたかったのですが、15分弱到着が遅れたので乗れませんでした… 残念。

夕飯@すすきの

その後はすすきのに移動して食事をとりました。古艪帆来(ころぽっくる)というお店です。場所はすすきののど真ん中!
P_20150912_190809
ホッケのお刺身、東京ではまず見かけません。食感はヒラメのようでしたが、ほのかな風味はホッケそのものでした。
P_20150912_191345
カニのお寿司です。タラバ・ズワイ・花咲の食べ比べができました。私は花咲カニがお気に入りです。しっかりとした食感がありながらも濃厚な味があるのは最高です。
P_20150912_193649
こちらはカキ、写真ではわかりにくいですが大きな身でした。
P_20150912_200349
ちょっとだけジンギスカンもいただきます。

夜食@すすきの

P_20150912_215323
一幻でえびそばをいただきました。強烈なえびの風味がありつつも、あっさりとした味でついついスープが進んでしまいます。

2日目 札幌→旭川→増毛→札幌

DSC_0796
札幌からの始発列車で旭川に向かいましたが、架線下にも関わらずキハ40でした。
6年ぶりの旭川ですが、駅が高架化され駅前に広場ができていたのでどこだかわかりませんでした。
DSC_0800
小規模でしたがイオンモールもありました。前は駅舎がこの辺りにあったような気がするのですが…
DSC_0801
駅の自由通路には旭山動物園をイメージした顔ハメがありました。旭山動物園は駅から少し遠いようでバスで行かないとならないんですね。一度は行ってみたいですが、なかなか機会がありません。
DSC_0804
駅の南側にも一応出入口がありますが、ひと気はありません。ただ、神居古潭の石が展示されているのには驚きました。
DSC_0807
ホームは開放的かつ機能的な印象があります。
DSC_0812
思いがけず、特急旭山動物園号が入線してきました。
DSC_0813
DSC_0814
DSC_0816
深川までもキハ40でした。スーパーカムイも運転しているですが、ダイヤ上のネックにならないのでしょうか? 駅では3両と案内されていたにも関わらず、1両は回送扱いであったり、意味がわかりません。

DSC_0870
DSC_0819
DSC_0820
深川駅はだいぶ古い駅でした。
ここからは留萌本線で留萌を経由し増毛まで向かいます。こちらも客扱いは1両だけ(後部1両は留萌切り離し)でしたので、相当の混雑でした。

DSC_0825
DSC_0826
増毛駅は1面1線の駅でした。ホームに屋根も無く、かなり質素です。
DSC_0840
無人駅ですので、駅舎兼売店といったところでしょうか。
DSC_0844DSC_0845DSC_0846DSC_0847DSC_0848DSC_0849DSC_0850DSC_0851DSC_0852DSC_0854DSC_0855DSC_0858
模型の駅のようです。
DSC_0829DSC_0830DSC_0831DSC_0832DSC_0834DSC_0837DSC_0838

DSC_0843
増毛の街を散策し、ボタンエビ丼を食べたり国宗酒造で試飲をしたりとしました。ちなみに5月にエビ祭りがあるようで、賑わっているそうです。
DSC_0862
街中のお店で買ったプルーンです。なかなか東京ですと生のプルーンを見かける事がないので新鮮でした。
DSC_0859
DSC_0860
増毛からは留萌本線・函館本線と乗り継いで札幌まで帰ります。また増毛に来たいと思いましたが、鉄路が無くなると存在感は薄くなってしまうのでしょうか。
DSC_0871DSC_0872DSC_0873DSC_0878DSC_0881DSC_0883DSC_0884DSC_0885
途中、デザインが素晴らしいと巷で噂になっている岩見沢駅を見てみました。橋上駅舎かと思ったのですが、そうではなくて南口に改札機能が集約されていました。
公共施設や駐輪場とスムーズに連携されており、ちゃんとデザインされていて面白い駅だと感じました。

P_20150913_101435
おまけ:いろはすハスカップ、甘いけれどもスッキリしていてお気に入りでした。



スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense