151219_世田谷代田駅のシールドトンネルについて

世田谷代田駅は急行線の線路に仮設でホームを設置して営業しています。1段浅いところに建設されている緩行線の線路が完成した後は、仮設ホームは撤去されてしまうことになります。

上りホーム

DSC_1887
DSC_1888
DSC_1889
2017年度に緩行線が完成する予定であることから、ホーム自体は簡素な仮設ホームとなっています。
DSC_1892
ホームの新宿よりはシールドトンネルへの切り替え部があります。
DSC_1893
DSC_1896
DSC_1897

下りホーム

DSC_1902
DSC_1904
こちらも上りホームと同様の簡素なつくりになっています。
DSC_1905
新宿方には非常口が設置されています。
DSC_1907
上りホームと同様、新宿よりにはシールドトンネルとの切り替え部があります。こちらはシールドマシーンの外殻をセグメントの代わりとして使用しています。

DSC_1909
DSC_1913

コンコース階

DSC_1898DSC_1899DSC_1900DSC_1901
将来の緩行線ホームになるフロアです。軌道となる箇所は仮設で通路となっています。

おまけ

DSC_1908
DSC_1915
ホーム部は10パーミルの範囲になっていますが、前後は18パーミルと34パーミルと急勾配になっています。

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense