今更ながら、Nikon D600用の縦グリップMB-D14を購入

D600を購入して2年程経過しましたが、無性に縦グリップMB-D14が欲しくなったので購入しました。

検討の経緯

新品で購入する程のものではないかと思い、いくつか検討してみました。

  1. 純正MB-D14の中古品
  2. 非純正MB-D14(ようはパチモノ)
  3. 純正?MB-D14(シリアルナンバーの無い謎アイテム)

当初は価格面で、「非純正MB-D14」の購入を検討していたのですが、もしD600を売却する際に非純正だと二束三文になることに加えて、非純正アイテムに信用がおけないので、躊躇しておりました。レビューを見ても使用感が少し微妙とのこともあり、決断できないところでした。
(非純正のバッテリーを購入したら海外旅行中に突然死するとの何ともショッキングな出来事があったもんで、非純正アイテムは信用がおけないんですよね。レリーズ程度なら良いのですが…)

グダグダとあれこれ調べていたところ、「純正MB-D14の中古」が意外と安くなっており、「非純正MB-D14」と2000円〜3000円程度しか変わらないとのことでしたので、信用を取って「純正MB-D14の中古」を購入することにしました。

あれこれ調べている時に、純正?MB-D14にも関わらず、シリアルナンバーが無いとの怪しげな品物をAmazonで見かけましたが、偽物であった時のことを考えて選択肢から外しました。

購入してみた

某中野のフジヤカメラにて7580円で購入しました。
P_20160606_205603
P_20160606_205615
縦グリップからトレイを取り外して、バッテリーを1つ挿入できます。本体側に1つ、縦グリップ側に1つで合計2つのバッテリーを使うことができます。

P_20160606_205653
P_20160606_205707
P_20160606_210118

単三電池対応のトレイ付きでしたので、万が一バッテリーが空になっても単三電池を調達できれば撮影が継続できることになります。これは地味に便利かと思っています。最近は充電ができる箇所が増えているかとは思いますが、スマホほど充電しやすくはないですからね。
P_20160606_205728

D600本体に縦グリップ側の端子を差し込み、三脚穴のネジで固定することになります。
P_20160606_205824

取り付けるとかなり存在感があります。もともとD600はフルサイズですので大きめでしたが、更にずっしりとしているように感じます。
P_20160606_210828

実戦で使用するのが楽しみです。少し荷物は重くなりそうですが…汗

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense