空気入れを新調した(SERFAS FP-200)

これまで使っていたPanaracerのD-9/BFP-YBGが使いにくいので、新たに購入しました。

●仏式のバルブの際に金具を取り付けるタイプのポンプは避けたいこと
●金属製で頑丈なこと
●圧力ゲージがついていること
以上の3点を重視した結果、SERFASのFP-200にしました。

早速、空気を入れてみましたが、仏式バルブをそのまま取り扱えるのが何より便利。その上、7気圧までも軽く入れることができました。

他のフロアポンプと比較すると少し高いですが、なかなか良い買い物だと思います。

(いままでのポンプはどう使おうか…捨てるのも勿体ないし…)

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense