東武線曳舟駅の配線改良工事 その2(4/28)

東武線曳舟駅の配線改良工事 | 3b-logにて紹介した通り、曳舟駅にて配線改良工事が行われておりますが、また動きがありました。

DSC_2669
上りホーム先端から。
DSC_2670
DSC_2671
下りホーム先端から。今度は下り線の両渡り線が撤去されており、線路間にPC枕木も置かれています。
これにより1番線は浅草からの列車、2番線は半蔵門線からの列車しか入線できない構造になりました。
(優等列車がツリー駅に停車するようになり、下りは特に曳舟で退避させる必要があまり無いのでしょう。)

ポイントを撤去した箇所を見るに、上り地下線を単線運転可能な配線にするのでしょうか。
(3番線→下り地下線は、3番線→上り本線の渡り線との兼ね合いで厳しいと想定しました。)

撮影:130428

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense

コメント

  1. orikaeshi より:

    上り地下線の途中に逆方向を向いた信号機が設置された?気がします。

  2. admin より:

    情報ありがとうございます。
    上り列車からでは把握できなかったので、下り列車から確認してみたいと思います。

    また、曳舟駅に関して、上下の地下線間で渡り線を設置するであろう箇所の枕木が、新品の合成枕木に交換されたように思います。そろそろ動きがありそうですので、調査します。