中央リニアの途中駅に関する私感

メモとして中央リニアの途中駅の施設整備について私感を述べてみます。

5/13にJR東海からリニア中間駅の構造が公表されました。
個人的な意見としては、当然のことであると思うし、とても面白い取組みと思っています。

これまで、そもそもJR東海としては、東名(阪)間の輸送に強い関心を持っており、途中駅に対して特に感心が無いといったスタンスです。
(当初、JR東海は途中駅の整備は自治体負担とのスタンスでしたが、沿線自治体からの反発もあり、途中駅における最低限の施設整備をJR東海が行うとの方針にかわりました。)

さて、そのような背景をもとに、公表された中間駅の構造をみると「最低限の施設整備」を貫いていることがよくわかります。
JR東海は東名(阪)間の輸送に強い関心がある以上、途中駅には必要最小限の投資しかできないことは当然であろうと考えられます。財政的にも途中駅に必要以上に投資する程の余裕もメリットも無いでしょう。
また、「最低限の施設整備」以外に必要な施設があれば、それらを必要と考える者が整備すれば良いとの考えは、とても面白い取組みであると思います。それは、必要と考える者…例えば沿線自治体が独自色を出して地域の特色をアピールすること等…それぞれの駅で異なる意思決定プロセスを経ることにより、創意工夫がみられることや、利便性や快適性の向上が見込まれるのではないでしょうか。
ただ、最低限の施設設備ではおらが街の発展に繋がらない!と沿線自治体がゆすりたかりを始めるのか、私が想定しているように地域の特色を出そうと前向きに捉えて計画されるのか、途中駅のそれぞれの動きをチェックすると面白いのではないかと考えています。

まず、リニアの途中駅が設置されることで街は発展するのか?発展のイメージにもよるとは思います。例えば、工場とかの企業進出には有利かとも思いますが、中心市街地ににぎわいを取り戻す等は話が違うと思っていますので、厳しいと考えています。(後者については中心市街地に、足を運ぶ価値があるのか?足を運ぶ必要があるのか?足を運びやすいか?等、十分に考えることが先決でしょう。)

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense