11444Fが浅草対策編成に

6/17の夕方から11444Fが浅草対策編成として運用についています。

浅草駅の1番線は8両編成の入線が可能ですが、後部2両はドアカットする必要があります。2009年12月までは6+2または4+2+2(まれに2+2+2+2)で組成されていたため、4両固定編成に浅草対策編成はありませんでしたが、同月に11457Fと11458Fが浅草対策編成になり、4+4の入線が可能となりました。
(これにより本線系統から8000系が撤退することになりましたが)

2013年3月改正により、10両運用が廃止され4両固定編成の運用が限られたこともあり、また浅草に入線する8両運用が増加したことに伴い、浅草対策編成を増やしたものと思われます。
もう1〜2編成ほど浅草対策編成が増やされるのかな?と予想しておりますが、どうなるのでしょうか。ただ2009年12月と同様に6両固定編成に余りが生じるため、野田線への転属もあるのではと思っています。

DSC_4180
先週と同じく相方は31415Fで、6/24は北越谷からスタートします。
よくよく考えると、北千住以南で撮影しないと別に有り難みが無いかも知れませんね、ダイヤ改正前の増結編成を2本繋げた列車で同様の組み合わせはありましたし…。

余談:曳舟駅の地下線に分岐機が取り付けられていました。追って撮影いたします。

(撮影:130623)

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense