東武線曳舟駅の配線改良工事 その6 (7/11)

間が空きましたが、曳舟駅の配線改良工事について調査いたしました。
軌道に関係する工事はおおむね完成したかのように見えます。 

DSC_4387

まず、上り地下線と下り地下線の間の渡り線については、分岐部だけでなく全体がつながりました。信号の工事はこれからでしょうか。

また、上り本線→上り地下線へのポイントは完全に撤去されておりますが、下り本線は分岐部が現在も残ったままになっています。

DSC_4388

上り本線と上り地下線の間に、新品のPCまくらぎが保管されていることから、近いうちに下り本線の分岐部も撤去されるものと思います。

おまけ、1番線ホームに残る「大10」のマーキング。

DSC_4392

撮影:130711

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense

コメント

  1. 南栗橋管区七光台支所 より:

    初めまして、時折HPの方へお邪魔して拝見させていただいております。 肝心の地下線の分岐機の方はどうなっていたでしょうか? こちらの方がちょっと気になります

  2. admin より:

    いつもありがとうございます。
    地下線については、曳舟駅3番線→押上駅1番線→曳舟駅2番線と折り返せるように整備がされています。
    軌道はほぼ完成したものと思いますが、信号関係の整備はこれからというところだと思います。