140220-23 台湾旅行 その6(普快車に乗車)

DSC_0846
高雄駅です。地下化工事を行っています。

まずは、高雄から枋寮まで向かいます。
DSC_0849
DSC_0850
高雄と屏東の間に流れる川(高屏渓?)には旧線の跡が残されています。

DSC_0854
DSC_0855
枋寮に到着です。
DSC_0856
待ちに待った旧型客車です。日本製客車2両とインド製客車1両の3両でした。普快車3671です。
DSC_0859
DSC_0864
DSC_0865
インド製客車の車内です。デッキが無く、比較的通勤向けの車両だと思います。
DSC_0867
DSC_0897
こちらは日本製客車の車内です。日本国内でも見かけないようなレトロな車両です。
DSC_0871
拉(引く)の文字が台湾だと思い出させてくれます。
DSC_0873
DSC_0874
ドアも手動式です。走行中も開けっ放しでした。
DSC_0878

DSC_0879
DSC_0881
DSC_0888
DSC_0890

DSC_0900
せっかくなので窓を開けて風を楽しみたいと思ったのですが、トンネル区間では猛烈な騒音に悩まされる羽目になりました。
DSC_0902
DSC_0903
枋寮にて購入したお弁当を食べながらの移動です。
DSC_0912
DSC_0916
DSC_0917
DSC_0926
DSC_0927
南廻線はいくつかの長大トンネルを抜けると、海を眺めながら走行する区間に入ります。

DSC_0935
太麻里では交換列車…でなく客車が留置されています。
DSC_0941
DSC_0945
DSC_0948
約2時間ちょっとで終点の台東に到着です。

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense