140528 竹ノ塚駅高架化工事〜その4(3)〜

前から続く

DSC_0960
下り緩行線に最も近かった引上線は、下り緩行線の仮線として整備されているようです。既存の高架橋を一度壊して作り直す必要があるため、このような切り替えを行うのでしょうか。
DSC_0961
近々切り替えられる雰囲気が漂っています。
DSC_0964
DSC_0967
伊37号の近くにひっそりと碑がありました。
DSC_0970
歩道橋から、下り急行線の基礎工事が引き続き行われております。伊37号わきの雑居ビルも解体され、下り急行線の整備に向けて着々と準備が進んでおります。
DSC_0971
DSC_0972
こちらは線路東側です。下り急行線の切り替えスペースを捻出するため、線路沿いの区道を一部閉鎖し、上り急行線の仮線を整備しているようです。
DSC_0973
DSC_0974
DSC_0975
DSC_0976
上り急行線を走行する50050系と、仮線の工事現場です。
DSC_0977
DSC_0978
DSC_0979
栗六陸橋より撮影しました。仮線区間はあまり長くないですが、下り急行線の取り付け部を整備するためには必要な設備のようです。
DSC_0980
DSC_0981
仮設の架線柱になり、仮線も整備されつつありますが、既存の線路を走行するのもあと僅かな期間となるでしょう。

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense