初めてのロードバイク、ANCHOR RS8 EPSE 2014モデル(105 5700系ver)を購入

はじめに

これまでドロップハンドルへの抵抗があったため、クロスバイクを乗り続けていましたが、先日ロードバイクの試乗を行ったところ”違い”を感じたので購入することにしました。

検討ポイント

○フルカーボンまたはフロントフォークがカーボンであること
→これは現在のクロスバイクに長時間乗った際、だいぶ手に衝撃がくるように感じているため、アルミからカーボンにすることで軽減されればと考えたため。これが価格的にはネックになりました。
○コンポが105以上であること
→試乗した際にSORAより105のほうが変速が滑らかだったことやブレーキの効き方に差があるように感じられたことから、105が最初から取り付けられているものを選ぶ事にしました。いずれ交換するのも手かとは思いましたが、手間とコストを考えると…微妙な気がしました。
○価格は20万円以内
→条件をあれこれ決めつつも予算内におさまらないことには購入できませんので、よく検討することしました。

注文まで

上記の検討項目を踏まえ、ANCHOR RS8 EPSEを購入することにしました。
タイミングとしては2015モデル(105 5800系ver)が良かったのですが、どこにも在庫がなかったり納期が数ヶ月のようでしたので2014モデルにしました。価格は173,100円(税込)でした。

納車

注文から1週間程度で納車されました。最初からビンディングペダルにする勇気はありませんが、いずれビンディングペダルにすることも視野に入れて、ペダルは通常のものとしました。

その後

早速、荒川土手での試運転をかねて37kmほど走行してみました。クロスバイクと大して変わらないかと思っていましたが、いくつか大きな違いがありました。
漕ぎ出しも軽く、しっかり踏むとしっかりと自転車がついてきてくれるような感覚が楽しいです。
自転車が軽いからかドロップハンドルで力がかけやすいからか、坂道もそれほど苦にはなりません。
速度も30km/hくらいまでスッと出ます。それ以上はドロップハンドルに変わったこともあり、まだ怖いです。あとは漕いでる人の筋力が衰えていました…

今後は、輪行したりと楽しみ方はいろいろありそうです。

あ…写真撮りそびれた。

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense